年収の三分の一以上のお金を借りたい時に頼れるローン

コンテンツ一覧

総量規制対象外の銀行カードローン

急いで金策をしなくてはならないときに即日融資が受けられる融資サービスとして消費者金融のキャッシングがあります。たしかに消費者金融のキャッシングは申し込みの手続きも簡単で審査もスピーディーに行われるというのが魅力的な部分ですが、総量規制の対象となっているサービスであるという点が一部の人には大きなデメリットとなってしまうかもしれません。総量規制の対象となっている融資サービスに関しては消費者は自分の年収の三分の一までが融資を受けられる金額の上限となっているからです。そのため、自分の年収の三分の一を超える金額を借りたいという方にとっては消費者金融のキャッシングだけでは納得のいく金額の融資を受けることができず不満を抱えてしまうかもしれません。
その点、銀行のカードローンならば、審査の結果次第では自分の年収の三分の一を超える金額であっても融資を受けられる可能性が残されています。銀行のカードローンは消費者金融のキャッシングのように総量規制の対象とはなっていないからです。もしも、自分の年収の三分の一を超えるような金額が入用になったというときには、総量規制対象外の銀行のカードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。

カードローンを利用するなら女性も断然「銀行系」がオススメ

カードローンを利用する場合、銀行系や消費者金融系などから選ぶと思いますが、メリットを考えると断然銀行系カードローンがオススメです。また、銀行系カードローンには女性専用のローンもあるので、受付や相談など女性スタッフが対応してくれるため安心です。消費者金融系にも女性専用ローンがあるものの、利息を考えると銀行系カードローンの方が断然安いため、選ぶなら銀行系がオススメです。女性の中でも主婦の方がカードローンを利用する場合、銀行系は総量規制対象外のため利用できる銀行があります。しかし、消費者金融は基本的に無収入だと契約対象にならないので、利用する時は配偶者の同意などが必要です。
銀行系と消費者金融系の違いを比較した場合、信頼性や金利などに差があり、数字で分かる金利については銀行系のメリットが大きく見えてきます。消費者金融の金利は18%の所がほとんどで、銀行系は15%前後が主流です。3%の差はかなり大きいため、金利や信頼性を踏まえても銀行系カードローンがオススメです。更に、消費者金融で50万円以上借入をする場合は、収入証明書が必要になりますが、銀行系は必要ない所が主流です。女性がカードローンを利用する際、安心できるという点が気になるポイントになりがちなため、女性専用のローンがある銀行系カードローンがオススメです。

イチオシ

ピックアップ

相場より金利が低めなカードローンもある

1万円の借り入れも行えるメリットは大きい お金を借りる必要が出てくると、一度に大金を貸してもらうことになると思ってしまいます。人によっては、大金を貸してもらう必要がある人もいれば…

どこのカードローンを利用するべきか?

一括返済もATMから可能!追加返済の制限なしで利息も最小限! 銀行カードローンは、上限金利の低さ、そして利用限度枠内であれば自由に借り入れが可能です。そして、返済もローンカードを…

子供へ返済を引き継ぐことも可能

教育費専用カードローンもある!必要な時に利用可能! 銀行カードローンのメリットは、一度契約することで利用限度枠内であれば、繰り返し借り入れや返済ができ、その都度審査を受ける必要が…

TOP