子供へ返済を引き継ぐことも可能

コンテンツ一覧

教育費専用カードローンもある!必要な時に利用可能!

銀行カードローンのメリットは、一度契約することで利用限度枠内であれば、繰り返し借り入れや返済ができ、その都度審査を受ける必要が無いということがメリットです。また、上限金利も消費者金融に比べると低く、毎月の利息が抑えられ、総返済額も抑えられます。
一方、教育ローンのメリットは、カードローンに比べると設定金利は低くなり、計画的な返済が行え、より総返済額が抑えられます。しかし、デメリットとしてはカードローンのように自由に借り入れができない点にあります。
ですが、銀行カードローンの中には教育ローン専用のものもあり、一般的なカードローンに比べると金利は低く、必要な時に自由に借り入れが可能になっています。そのため、一括で借り入れをする教育ローンに比べると、必要な分だけ借り入れを行うことから無駄に利息が発生しないというメリットがあります。利用目的は教育資金やそれに関係する資金に限定されるものの、教育資金以外に利用したくないという方にはおすすめのカードローンになります。また、返済も親子リレー方式を採用するケースもあり、子供が就職してから返済を引き継ぐこともでき、長期計画での返済も可能なのが大きなメリットになっています。

余裕の無い時は最低額の返済!余裕があるなら増額返済で負担軽減!

銀行カードローンの魅力は、設定される上限金利が消費者金融のカードローンに比べ低く、総返済額が抑えられるといったメリットがあります。また、同じ金額を毎月返済するのであれば、銀行カードローンと消費者金融のカードローンでは元本返済の充当率が高く、利用残高が減りやすいといったメリットもあります。
しかし、銀行カードローンのメリットは金利の低さや総返済額が抑えられるといったこと以外にもあります。銀行カードローンの毎月の最低返済額は、消費者金融のカードローンに比べると低く設定されています。つまり、余裕の無い月の返済負担が軽減できることになります。ですが、安易に最低返済額での返済を継続することは、返済期間の長期化そして総返済額のアップにつながるため、返済計画には慎重さが重要です。
しかし、毎月の返済額も増額することが可能であり、余裕のある時には多めに返済することで返済負担の分散ができ、返済額も抑えられるといったメリットもあります。銀行カードローンでは、振込返済やネット返済といった方法もあり、返済可能な金額単位も低く設定されていることがあり、生活費を節約して余った少額の現金でも返済することも可能です。消費者金融のカードローンでは、返済できる金額単位も大きく、余った現金が返済に回せず無駄になってしまうものの、銀行カードローンなら解決可能です。

イチオシ

TOP