どこのカードローンを利用するべきか?

コンテンツ一覧

一括返済もATMから可能!追加返済の制限なしで利息も最小限!

銀行カードローンは、上限金利の低さ、そして利用限度枠内であれば自由に借り入れが可能です。そして、返済もローンカードを利用し、ATMからいつで追加返済が可能というメリットがあります。つまり、余裕がある時やボーナスでまとまった現金が手元に入ったとき、そして元々借り入れする時点で返済の目途が立っている時には発生する利息が抑えられます。
銀行ローンには、カードローンの他、より金利の低いフリーローンが提供されています。金利が低いことから総返済額が抑えられ、計画的な返済も可能といった特徴があるものの、追加返済に対する制限が設けられていることもあります。例として、利用額の半分までの追加返済というケースもあり、直ぐに完済を行いたい場合でも1ヶ月分の利息が無駄になってしまうこともあります。
しかし、カードローンならこのような制限もなく、直ぐに完済しても利息は利用したに数分だけとなり無駄がありません。例えば、一時的な支払の立替を行うといった場合においてカードローンはメリットのあるものとなります。また、追加返済は同じ月内で何度行っても良く、利息は前月の利用残高から計算された分のみとなり、追加返済分には利息は加味されません。その結果、実質的な年利を下げることも可能です。

銀行カードローンのメリット!キャッシュカード一体型ならバレ難い!

銀行カードローンは、上限金利の低さ、利用可能なATMの豊富さ、そして銀行というブランドによる安心感があります。しかし、カードローンなどのキャッシング契約における不安は、現実的なものとして周囲や家族にバレるということです。消費者金融のカードローンは、ローンカードが見た目では分かり難い、受取方法が郵送では本人限定郵便や無人契約機が利用できることからバレ難いと言われています。
しかし、ローンカードの外観はインターネット上で検索すると画像で確認でき、バレるリスクはゼロではありません。また、カードレスで借り入れができるカードローンは多くはなく、殆どはローンカードが発行されるものとなります。
ですが、銀行カードローンには専用ローンカードの発行が行われず、キャッシュカードにキャッシング機能が追加されるものが多くあります。つまり、外観はキャッシュカードであり、ATMにローンカードを挿入しなければキャッシング契約の有無は確認できません。そのため、財布の中を家族に見られても銀行カードローンを利用していると分からず、キャッシュカードを持っている理由を聞かれても、貯蓄用や支払用口座といって追及を回避することも可能です。また、キャッシング機能の追加もシステム的に行われるため、新たなカードが郵送されるといった心配もありません。

イチオシ

TOP